HTML5での書き方がわからなければコーディング代行に助けを求めよう

HTML5でのコーディングを始めたばかりの人が意外にやってしまいがちなのが、sectionタグの使い方の間違いです。たとえば、sectionタグをスタイリングのために使ってしまっているのをよく見かけます。sectionタグは意味を持ったタグですので、スタイリングのためだけに使うのであればdivタグを使うべきです。

また、sectionタグでsectionを作ったけれども、h1などの見出し要素が入っていないということもよくあります。sectionタグには見出しタグが必須です。こういうことを知るために、作り終えたらやはり初心者の方はバリデーターに通した方が良いでしょう。バリデーターに通せば、どこがどういけないのかということを指摘してくれるからです。最初は面倒に思うかも知れませんが、HTML5での書き方を覚えてくるにしたがって指摘も少なくなってきます。

他にも、HTML5には使い方を間違えやすいタグというのが存在しています。いくら勉強してみてもわからないというのであればコーディング代行に頼むと良い場合があります。

コーディング代行のプロにきちんとしたコードを書いてもらうことによって、自分でおこなうよりもさまざまな面でコストカットができるということもあります。